浅草の大精軒。ガクログ3.7。

浅草で餃子と言えば、餃子の王さまか末っ子が有名なところだが、私のオススメは大精軒だ。少し浅草の繁華街から離れているのだが、歩いて行く価値は十二分にある。

暖簾には店名の他に、”中華軽食”、”出前迅速”の文字が臙脂色で書かれている。出前迅速とあるように外には数台の出前カブに岡持ちが何個も並んでる。すごい光景だ、こんなのピザーラでしか見たことない。
壁にびっしり貼りだされたメニューの文字が独特でかなり素敵。少し読みにくいが、印象に残る。ただ、「あなたと私は餃子の中よ うまく焼れてあつい仲」のイラスト入りの張り紙の意味を理解するのに時間がかかった。いや、正直に言うと、いまだに理解できない。

餃子は色見本のように焦げ目がグラデーションのようになっている。友人と来ていたので写真を撮る際にさりげなくお皿の向きを変えて、焦げが強い方向から友人に食べさせるように仕向けた。鈍感な友人はそのことに全く気付くことなく、焦げが強い方から食べていた。老舗にも関わらずヒダの折り方が下手っぴなのも面白い。食べてみると皮が分厚めもっちりで肉餡が驚くほどジューシー。下味は煮干しの出汁が効いていて、同じ浅草にある馬賊の餃子と少し似ている。この味付けめちゃくちゃうまい。

お次に出てきた生姜焼きが死ぬほど美味かった。私の生姜焼きランキングトップ3に食い込んでくること間違いなしだ。このテリッテリになるほど濃厚に味付けされたお肉は分厚いにも関わらず驚くほど柔らかい。生姜の香りは少し弱めだが、甘辛いタレが最高にうまい。ご飯が無限に食べれるタイプ。大精軒に行ったら絶対に食べるべき一品。

我々が食べている間も常連さんが続々と店に集まり、賑やかになっていった。こんなにローカル色の強い町中華は珍しい。長く続けられているというのは地元から愛されているということ。その人気の秘訣は気さくでおしゃべりなお母さんだけでなく、美味しい料理があってこそだろう。大精軒最高!

#大精軒 #浅草 #ガクログ3.7 #ガクログ #餃子 #中華 #炒飯 #町中華 #焼餃子 #グルメ #おすすめ #うまい #おいしい #人気 #行列 #食べ歩き #東京乱痴気餃子



Source